ポストする June 14, 2016


スピード計測サイト

Googleが開発した表示速度チェックツールです。問題箇所や問題点を日本語で指摘してくれます。先日ツールがアップデートされて、より使いやすくなったようです。

パケットロスが発生すると、受信側では、その欠番部が再送により補填されるまでの間、継続受信している欠番以降のパケット・データは TCPバッファー部に保管され、Webブラウザは受け取れなくなります。 スピード計測サイト.

項目をクリックすると全名称を表示します。もう一度クリックすると項目を選択します。 選択肢にない場合、わからない場合は その他 をお選びください。

ビデオを見る スピード計測サイト

FREETEL SIM「使った分だけ安心プラン」とb-mobile「おかわりSIM」の実効速度を比較してみた スピード計測サイト.

また、アクセス装置から PCの OSにパケットが渡される時も、RS232C, USB, イーサネットなどのインターフェース部で、比較的大きな処理速度のムラが発生する環境もあります。しかしより一般的に発生するのは、 Webブラウザの処理速度ムラでしょう。

【弊社だけの特典】キャンペーン中の今お申込されると月額最大約60%オフにてず~っと使えて 初期費用が無料です。しかもお申込者全員に、JCBギフトカード をプレゼント中 スピード計測サイト. Googleが検索順位を決定する要素の一つとして、ページの表示速度を盛り込んだことで、速度を気にする人が増えているのかもしれません。表示速度を上げれば順位が上がるというものでもないのですが、速度を向上させることは100%良い事ですので、自分のサイトの速度を知るためのチェックツールをご紹介します。

BNRスピード テストでは . また、下り速度の計測 . 本サイトでは、ダウンロードの速度測定にFlashを用いた方式を採用して .

この時、TCPのデータ受信側は、受信確認応答(ACK)パケットの中で常に 送信側に通知している TCP受信窓(RWIN)の値を小さくして、送信側に送出速度の抑制を依頼します。そうして低い流入速度によって、WebブラウザがTCP受信バッファー内のデータをすべて引き取ることが可能になると、通知するTCP受信窓の値を元に戻し、送信側に送出速度の抑制解除 を依頼します。しかしその速度では Webブラウザが処理し切れないため … と、このサイクルが全データ転送の終りまで繰り返されます。

BNRスピードテストでは、通常の下り速度に加えて、上り速度のテストを可能にしています。また、下り速度の計測では、一定の測定時間を満たすまでデータサイズを自動調整いたしますので、効率のよい計測が可能となっております。スピード計測サイト.

※ギガ回線での測定時に「データサイズ -1 バイト」と表示され測定できない 状況が発生しておりました測定プログラムを修正いたしました。 修正後のバージョンは、Ver5.6001 となっております。古い表示の場合はリロードしてからお試しください(2015.06.08) スピード計測サイト. そのため、補填作業中の状態で終了した 部分計測区間では、Webブラウザが受け取るデータ量はその部分区間の回線受信量より少なくなる傾向を持ちます。

項目をクリックすると全名称を表示します。もう一度クリックすると項目を選択します。 選択肢にない場合、わからない場合は その他 をお選びください。

スピード計測サイト 項目をクリックすると全名称を表示します。もう一度クリックすると項目を選択します。 選択肢にない場合、わからない場合は その他 をお選びください。

実際にサイトへ負荷がかかっていますので、アクセスが少ない時間帯に利用するのが良いと思います。なお、チェックが完了するのに5分ぐらいかかります。 スピード計測サイト. 項目をクリックすると全名称を表示します。もう一度クリックすると項目を選択します。 選択肢にない場合、わからない場合は その他 をお選びください。

ちなみに、もしも(微少時間内のムラではなく)より 平均的な状況においてすら、データの流入速度が Webブラウザの処理限界を超えてしまった場合には、まず Webブラウザ内の未処理バッファーが一杯になり、次に TCP受信バッファー内に引き取れないデータが溜ります。


Blog 2014