ポストする June 4, 2016


14">wimax タブレット キーボード|

wimax タブレット キーボード

)

Bluetoothと2.4GHz帯Wi-Fiが干渉するという問題は、両者の技術が登場した初期から問題視されていて、現在のBluetooth規格には2.4GHz帯Wi-Fiとの干渉対策が盛り込まれている(*2)のですが、それでも干渉してしまう場合があるというのが今回紹介する事例です。..

*1: 「ISM」はIndustry(産業)、Science(科学)、Medical(医学)の略で、本来はこれらの目的に運用されることが意図された周波数帯域となります。..


それなら2.4GHz帯Wi-Fi接続時にBluetooth機器が全く使えなくなるかというとそうでもなく、接続先の機器によって干渉の度合いや発生する事象が異なります。表において「少しあり」「あり」となっているところは、キーボードでは入力の遅延やキーリピート(内部的にキーが押されたままになり連続入力される)、マウスではポインタの移動が引っかかる事象が発生しました。..

Whant to find wimax タブレット キーボード - Search on google [keyword

(ビデオを見る wimax タブレット キーボード

|

オンラインで見ます wimax タブレット キーボード

)


通信費の節約術!WiMAXを使うと1万円が2千円!?モバイルWi-Fi使用レポート

今回はBluetoothキーボード(ELECOM TK-FBP069BK )およびBluetoothマウス(Microsoft Wedge Touch Mouse)を用いて、Wi-Fi接続中のWindows・Android・iOSのデバイスに接続した時の動作を観測しました。結果を下表に示します。..

Bluetoothと2.4GHz帯Wi-Fiは周波数帯を共有するため、干渉が本質的に発生するものであると言えます。しかしながらその度合は機器によって異なり、全く問題なく利用できるものから使い物にならないものまで差異があります。.. wimax タブレット キーボード. それなら2.4GHz帯Wi-Fi接続時にBluetooth機器が全く使えなくなるかというとそうでもなく、接続先の機器によって干渉の度合いや発生する事象が異なります。表において「少しあり」「あり」となっているところは、キーボードでは入力の遅延やキーリピート(内部的にキーが押されたままになり連続入力される)、マウスではポインタの移動が引っかかる事象が発生しました。..

WiMAX を契約する . タブレットにキーボードが脱着可能な高機能タブレット『ASUS TransBook™T90Chi』が100 .

Bluetoothは2.4GHz帯の電波を使用して通信を行います。この2.4GHz帯はISMバンド(*1)と呼ばれており、無線免許を必要とせず利用できるため、Bluetooth以外にディジタルコードレス電話や電子レンジなど、多くの機器が利用しています。一方Wi-Fiは、当初はISMバンドである2.4GHz帯のみを利用していましたが、その後5GHz帯を追加で利用するようになりました。つまりBluetoothと2.4GHzを利用するWi-Fiは同じ周波数帯を共有していることになります。..

*1: 「ISM」はIndustry(産業)、Science(科学)、Medical(医学)の略で、本来はこれらの目的に運用されることが意図された周波数帯域となります。.. wimax タブレット キーボード. Bluetoothと2.4GHz帯Wi-Fiは周波数帯を共有するため、干渉が本質的に発生するものであると言えます。しかしながらその度合は機器によって異なり、全く問題なく利用できるものから使い物にならないものまで差異があります。..

まず全体的に、接続先Wi-Fiが5GHz帯である場合には干渉が発生せず、Bluetoothキーボードやマウスが問題なく利用可能でした。この場合BluetoothとWi-Fiで利用する周波数帯が異なるので当然の結果と言えます。..

Wimax タブレット キーボード *4: iOSはマウスに対応しないので、マウスについては検証対象外としました。また今回用意したBluetoothキーボードはiOS対応が公式にうたわれていませんが、基本的な文字入力は実行できました。..

なお「Wi-FiとBluetoothの干渉に困っていて、今とにかく何とかしたい!」という方には、Wi-Fiを5GHz帯に切り替えることを提案します。現在市販されているWi-Fiルーターの多くは5GHz帯対応になってきていますし、5GHz帯を利用できるモバイルルーターも登場してきています。それでなくても2.4GHz帯Wi-Fiはアクセスポイントの乱立に起因する電波干渉で速度がでなくなってきていますので、これを機会に5GHz帯の利用を考えてみてはいかがでしょうか。.. wimax タブレット キーボード. 今回はBluetoothキーボード(ELECOM TK-FBP069BK )およびBluetoothマウス(Microsoft Wedge Touch Mouse)を用いて、Wi-Fi接続中のWindows・Android・iOSのデバイスに接続した時の動作を観測しました。結果を下表に示します。..

Bluetoothは2.4GHz帯の電波を使用して通信を行います。この2.4GHz帯はISMバンド(*1)と呼ばれており、無線免許を必要とせず利用できるため、Bluetooth以外にディジタルコードレス電話や電子レンジなど、多くの機器が利用しています。一方Wi-Fiは、当初はISMバンドである2.4GHz帯のみを利用していましたが、その後5GHz帯を追加で利用するようになりました。つまりBluetoothと2.4GHzを利用するWi-Fiは同じ周波数帯を共有していることになります。..


Blog 2014