ポストする June 21, 2016


インターネット回線 速度 測定

">インターネット回線 速度 測定|

インターネット回線 速度 測定

)

新居に引っ越した時、あるいはいつも見ているサイトになかなか繋がらない時…インターネットの回線速度を測りたくなりますよね!幸いWeb上にもスマートフォン上にもさまざまな回線速度測定サイトやアプリがあるのですが、Netflixがリリースした「Fast.com」ほど簡単な測定サイトはないんじゃないでしょうか。..

数分待つと、テストが終了。画面上に表示されている数値は左からPing値(149ms)・ダウンロード速度(12.8Mbps)・アップロード速度(15.1Mbps)・パケットロス(0%)です。その下の赤枠部分には、測定したインターネット環境で問題なく使用できるサービスが表示されています。SkypeなどのVoIP系サービスや、HuluやNetflixなどのストリーミングサービスまで問題なく使用できる、とされました。..

なお、SourceForge SpeedTestはHTML5で作成されたウェブサイトなので、PCの他、スマートフォンやタブレットでもインターネット環境を測定可能です。測定には数分かかるのですが、その間に端末がスリープ状態になってしまうと測定をやり直さなければならなくなるので、その点には注意が必要です。.. インターネット回線 速度 測定.

You can find インターネット回線 速度 測定 on google - Search on google [keyword

(ビデオを見る インターネット回線 速度 測定

|

ビデオ インターネット回線 速度 測定

)

ADSLの回線速度・インターネット通信速度 測定診断 インターネット回線 速度 測定.

Fast.comは、どんなデバイス (スマートフォン、ノートパソコン、インターネット機能付きスマートテレビ)でも、世界中でご利用いただけます。..

パラパラパラ…っと数値が変わり、数秒すれば◯◯Mbpsという数字が出ます。これが、貴方のインターネット回線速度ってわけです。もはやスタートボタンすらない、アクセスするだけの測定サイト。それに、「Fast.com」っていう名前も覚えやすくていいですよね。.. インターネット回線 速度 測定. そして、「In Conclusion」には各測定項目を基に、さまざまなインターネットサービスを使用するのに適したインターネット環境かどうかが記されています。今回測定した回線は、「ネットゲームをするにはPing値が高い」という評価でした。..

2016年06月09日 17時00分00秒 インターネット回線速度やPing値・パケットロスをまとめて一気に測定できるHTML5で作られた.

インターネット回線 速度 測定 さらにこのサイトはスマートフォン上からも利用できるので、自宅や外出先でのインターネットの回線速度の測定にも使えますよ!..

「Internet Quality」にはパケットロスや、音声品質評価値のMOSが表示されています。MOS値の評価は1~5で、1が非常に悪い、5が非常に良いという評価になります。..

「SERVICES NOT RECOMMENDED」をクリックすると、計測したインターネット環境では推奨されないサービスが表示されます。以下の場合は「ネットゲームはおすすめしない」ということになります。.. インターネット回線 速度 測定

Fast.comは、Netflixサーバーから複数回ダウンロードを実施することで、ダウンロードのスピードを推定しています。.. インターネット回線 速度 測定.

Fast.com、または他のスピードテスト・サイトで推定したスピードが料金に見合っていないと思われる場合は、ISPに直接お問い合わせください。..

ユーザーのインターネット通信環境を、Ping値(応答速度)や上り下りの通信速度、パケットロスなどの複数の項目に分けて表示してくれるのが「SourceForge SpeedTest」です。サイトはHTML5で作成されており、FlashやJavaなどを使用していないので、PCの他、スマートフォンやタブレットからでも利用できるサイトになっています。Internet Speed Test - HTML5 Speed Testhttps://sourceforge.net/speedtest/「SourceForge Speed Test」で計測できる各項目がどういった数値なのかは以下の通りです。・Latency/Ping(レイテンシ/Ping値)コンピューターから別のコンピューターにデータ転送などを要求し、その結果が送信されるまでにかかる時間が「レイテンシ」で、これを示すのがPing値です。通信回線の応答速度を示す数値で、単位はミリ秒(ms)。数値が少ないほど応答速度が速くなり、例えばインターネット接続して対戦するようなFPSなどではラグが少なくなります。・Jitter(ジッター) 連続したレイテンシ(伝送遅延時間)の変動値。ジッター値も、0に近いほど安定した通信であることを示します。・Download Speed(ダウンロード速度)インターネットを介し、コンピューターが別のコンピューターからデータをダウンロード(取得)するのにかかる時間をビット毎秒で示した数値。・Upload Speed(アップロード速度)インターネットを介し、コンピューターが別のコンピューターへデータをアップロード(送信)するのにかかる時間をビット毎秒で示した数値。・Buffer Bloat パケット通信で過剰なバッファなどにより起こる、レイテンシが不安定な状態。・Packet Loss(パケットロス)通信経路上でデータパケットが喪失し、宛先まで届かないこと。理想値は0%。◆使ってみた というわけで、さっそくSourceForge Speed Testを使用してみます。まずは、SourceForge Speed Testにアクセスして「TEST NOW」をクリック。..


Blog 2014